彼女と前橋のママ活を準備した

彼女の春の世界

どれ

覚えておいてください

群馬・前橋でママ活できそうな女性 〜高崎・伊勢崎・太田でもママ活にチャレンジしよう

カハサネ

ラバクー

前橋のママ活Ma etal。市

*さくらは世界です

そのようなものがなければ

安らかな春

私はそれを使うことができるでしょう

前橋のママ活平安詩人在原業平

私が書いたこの曲

さまざまな解釈がなされてきました。

物質的な快楽の空虚

「さくら」=「女性」

一瞬のように見える人生で

壊れやすさ

そのような考え

現代人である私たちが桜を見ているとき、彼は胸の奥深くにいます

軽く行き来していませんか?

どうして

昔ながらの「桜観」は衰えていませんか?

どうして

桜のパーティーで見知らぬ人と

さりげなく会話できますか?

どうして

桜の下で人が笑っているのを見ると、「生命」に隠された不吉なものの影を感じますか?

あれは

前橋のママ活無意識のうちに人間のために準備

「生死」の敏感さのせいだと思いますか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です